永久歯列期

永久歯列期の主な歯科矯正方法をご紹介いたします。

インビザライン治療
  • ワイヤー治療
  • 外科治療

ワイヤー治療

ワイヤー治療は、従来からある最も一般的な矯正歯科治療の方法です。歯にブラケットという装置を取りつけ、ブラケットをつなげるようにワイヤーを固定し、少しずつ歯を動かして歯並びを綺麗に整えていきます。

ワイヤー治療というとギラギラした装置で見た目が気になるというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、銀色の金属製ブラケットではなく、白色のブラケット(プラスチック製、セラミック製があります)を使用することにより、より目立たずに矯正治療を行うことができます。 見た目は白色のブラケットが優れているのはもちろんなのですが、素材の性質上、強さを得るためにはある程度の大きさが必要なため、これらのブラケットは大きめです。それに対して、金属はそれ自体に強度があるため、ブラケット自体が小さく、装着している際の違和感が比較的少なく、ブラケットとブラケットの間隔が広くなるので歯磨きもしやすいというメリットがあります。また、割れたりすることもないので、見た目が気にならないのであれば、私は金属製をおすすめします。

また、一番目立たない装置としては歯の裏側にブラケットをつける舌側ブラケット治療もあります。目立たないという点では優れていますが、その点だけを補うのであればインビザラインのメリットの方が圧倒的に優位であると私は思います。

ワイヤー治療は、インビザライン治療と比べると比較的安価であること、装置が取り外せないため効果が確実であることが大きなメリットです。また、一部分だけ矯正したい、という方の場合は、マウスピースではなくワイヤーでの治療の方が効果的な場合もあります。

  • 金属ブラケット
    金属ブラケット
  • プラスチックブラケット
    プラスチックブラケット