生え変わり期

小学校低学年(7~8歳)頃になると乳歯から永久歯への生え変わりが始まります。体が大きく成長し顎も発育していくこの時期は、顎の発育と歯列のバランスが崩れやすい時期でもありますが、顎の成長に合わせて歯並びを修正することができるので、矯正治療においては最適な時期と言えます。

この時期の矯正治療は、歯並びを良くするというよりも、永久歯が生えてくる場所を確保したり、顎のバランスを整えたりすることが主な目的となります。つまり、「歯並びを綺麗にするための土台づくり」だとお考え下さい。

「このくらいなら大丈夫だろう」と放置しておくと、生え変わりが終わる頃になって歯並びが悪くなるという場合もあります。なぜなら、生え変わりの後期に犬歯が生えてくるからです。犬歯は非常に大きく、相当な隙間を必要とします。ほかの歯がどうにか歯並びに収まったとしても、犬歯がはみ出してガタガタになってしまうことが非常に多いです。これがいわゆる「八重歯」です。ほんの少しでも異常があれば、早めにご相談下さい。

また、歯並びは遺伝的要素も大きく関係しますので、近親者に歯並びの悪い方がいる場合は早めの受診をおすすめいたします。

国の定める先天疾患による不正咬合の場合は保険適用となりますので、こちらをご覧ください。

こんなことにも気を付けましょう

乳歯と永久歯の入れ替わりの時期は、毎日の習慣が永久歯の生え方に大きく影響を与えます。ですから、この時期にきちんとした生活習慣を身につけて、綺麗な歯並びを目指しましょう。

姿勢や癖

姿勢や癖

猫背や頬杖などといった日常生活の中で無意識に行っている些細な姿勢でも、毎日長時間に及ぶと、骨の成長を妨げたり、歯列や顎を変形させたりしてしまう場合があります。きちんとした姿勢を心掛け、歯並びに悪影響を与える癖を無くすように、日常から心掛けましょう。

口呼吸ではなく鼻呼吸

口呼吸ではなく鼻呼吸

毎日口で呼吸をしていると、筋力が弱まり歯を外から支える力が弱くなり、舌のおさまる位置も変わってきます。また、気道を確保するために舌を下げなければいけないために、舌で下顎の前歯を押し出しやすくなってしまいます。正しい歯並びには口をしっかり閉じていることが大事ですので、口呼吸が習慣化しないようにしましょう。 お鼻が詰まりやすい場合は耳鼻咽喉科の受診をおすすめいたします。

食事の仕方

食事の仕方

食事の仕方も重要です。あまり噛まずに飲み込むような食べ方をしたり、前歯で噛み切らない柔らかいものばかり食べるなどという食事を続けていると、歯並びに悪影響を及ぼします。

症例紹介

詳しくは症例紹介ページをご覧ください。